平成28年度 共同プログラム

 発達障がいのある児童・生徒の支援と相談

開催概要

「発達障がいのある児童・生徒の支援と相談」チラシ
 Adobe PDFファイル チラシを見る

発達障害について基礎知識を正しく理解すると共に、現在障がいのある児童や生徒をもつ保護者への具体的な支援の在り方から発達障害に関連する支援機関との情報交流を通じて、障害のある児童・生徒及び保護者等が連携できるよういろいろなプログラムを提供します。
 受講対象は、幼稚園・保育園・認定子ども園、小・中・高校の教諭、保護者及び関心のある方とします。

  • 日 程 : 2016年4月〜2016年10月 の不定期日曜日(全9回)
  • 時 間 : 9時〜12時(8時40分受付開始)(※第6・8・9回は10時30分終了)
  • 会 場 : 岐阜大学サテライトキャンパス (JR岐阜駅前)
  • 定 員 : 50名
  • 受講料 : 9,000円 (ネットワーク大学コンソーシアム岐阜加盟機関の教職員は無料)

 ※受付終了しています。

講義スケジュール

開催日程及びテーマ
講義回 開講日 講義テーマ / 講義概要 担当講師所属大学等
第1回   4月24日(日)
5月29日(日)に実施しました。
【(第一部)発達障害とは
 (第二部)不登校や引きこもりは障がいではない】

発達障害という言葉は、しばしば誤った形で使われています。第1の誤りは、発達障害は知的障害とは違うという言説です。第2の誤りは、発達障害を有する人を、定型発達者の社会へ一方的に適応させることが正しいかのような言説です。同様に、不登校やひきこもりを、子ども・若者の生き方や権利としてとらえず、障害や病気の症状であるかのようにとらえる誤りも散見されます。
当日は、これらの誤りをただし、支援に携わる上での基本スタンスを身につけるための話をします。
岐阜県立希望ヶ丘子ども医療福祉センター
 児童精神科部長
 高岡 健
第2回   5月15日(日) 【自閉スペクトラム症児の内面理解と支援
 (学校(園)及び家庭において)】

自閉スペクトラム症の子どもは、「自分の世界に閉じこもっている」、「人の気持ちがうまくわからない」など一面的に誤解されることが多い人たちです。多様な思いを持ち行動することについて、事例を踏まえ検討したいと思います。
岐阜大学
 教育学部
 教授 別府 哲
第3回   6月  5日(日) 【子どもと保護者のココロに寄り添う丁寧な支援について
 〜実践事例を紹介しながら〜 】

障がいや発達に関する知識を持つことは科学的な支援をしていく上で重要です。しかし、支援を必要としている相手は人であり、支援をする側も人です。そこには、人への限りない愛情や思いが何よりも大切なことを多くの子どもや保護者から学びました。そこで、今一度、子どもの内面に寄り添う丁寧な支援とは何か、丁寧な支援を行うことは何を意味するのかなど、各校園での実践事例を具体的に紹介しながら、自らの実践を振り返り、明日への支援のあり方を学びます。
大垣女子短期大学
 幼児教育学科
 教授 松村 齋
第4回   6月26日(日) 【乳幼児期からのライフサイクルを通じた発達支援】
子どもの支援は学校教育から始まるのではなく、それまでの発達過程や周りとの関わりが重要です。ことにその子の内面を理解し、その子にあった「当事者目線」の支援が求められています。
この講義では、発達の理論をお話しした上で、乳幼児期から学齢期、思春期、青年成人期までのライフサイクルを通じた発達支援を、事例を通して考えていくことができればと思います。
中部学院大学
 教育学部
 教授 別府 悦子
第5回   7月24日(日) 【ことばが滑らかに出ない(吃音)と困ること、そしてその解決法】
吃音は100人に1人と、多くの人に生じるにもかかわらず、周りから誤解されて一人で悩みを抱えている当事者は数多い。周りの誤解で最も困ったことは、吃音はトレーニングで治ると考えられていることである。吃音への対応は症状を軽減するための対症療法であることを踏まえ、参加者の方々には吃音の症状とは何であるのか、症状の軽減には何が必要であるのかを考察していただく。思いが伝えられないもどかしさに共感できること、それが吃音解決の手がかりであり、だれもが生きやすい社会を構築する第一歩である。
岐阜大学
 教育学部
 教授 村瀬 忍
第6回   8月21日(日)
(10時30分終了)
【凸凹脳をもつ子どもたちの社会的役割と仕事継続に向けて】
第1章:当事者としての振り返り
第2章:就労移行支援事業所の実態調査から
第3章:高等教育の現場から見た「課題」について
第4章:将来、社会的役割を獲得し、継続していけるために 〜今なにをすべきか〜
岐阜保健短期大学
 リハビリテーション学科
 講師 稲葉 政徳
第7回 10月  2日(日) 【アサーション・トレーニング 〜相互の尊重を目指して〜】
アサーション・トレーニングとは、自分も相手も大切にした自己表現を身につけていくトレーニングです。この講座では、子ども達に自尊感情をもたせ、きちんと自己主張できる力を育てるための方法を演習を通して学びます。
岐阜大学
 教育推進・学生支援機構
 特任教授 山田 日吉
第8回 10月16日(日)
(10時30分終了)
【つながろう 〜ネットワークづくり〜】
発達障害のある児童・生徒が、地域の中でよりよく成長し、また家族がその成長を促すために、それらを支援してくれるさまざまな資源があります。岐阜県内における利用可能な、公的資源(医療機関や相談施設など)、私的資源(NPO法人など)について触れたいと思います。
また、これらの資源に繋がっているとよい点は、児童・生徒(学童期)に限らずその後も有効であることがしばしばあります。具体的事例を示しながら、考えていきたいと思います。
岐阜大学
 医学教育開発センター
 助教 川上 ちひろ
第9回 10月23日(日)
(10時30分終了)
【みんなで支え合う地域づくりをめざして】
発達障がいのある子ども達や青年達への理解と支援のあり方は地域社会の成熟度とも言えます。お互いに支えあう共生社会をめざした取り組みを紹介しつつ、自分達にも今からできることを考えていきます。また、ご家族やご本人を中心にしながら、行政、学校、関係機関、地域社会がどのようにチームサポートしていくことができるのか、多職種連携の可能性を探っていきます。
岐阜聖徳学園大学
 教育学部
 教授 安田 和夫
▲ページの先頭へ戻る

お問い合わせ先

GUCロゴマークネットワーク大学コンソーシアム岐阜 事務室

〒501-1193
岐阜市柳戸1-1 岐阜大学学務部教務課内
電話:058-293-2135 / FAX:058-293-3382

〒500-8844
岐阜市吉野町6-31 岐阜スカイウイング37 東棟4階 岐阜大学サテライトキャンパス内
電話:058-212-0393 / FAX:058-212-0391

eメール:info@gifu-uc.jp ※(メール送信の際は@を半角に変換してください)