人材育成プログラム

開催概要

「人材育成プログラム」チラシ
 Adobe PDFファイル チラシを見る(PDF:1.5MB)

ネットワーク大学コンソーシアム岐阜では、加盟機関の教職員を対象とした「人材育成プログラム」を開催いたします。皆さんと共に学び、その成果を日常業務で活用できるよう、高等教育機関が抱える様々な課題や最近のトピックに関する内容を準備いたしました。
 教職員の皆さん一人ひとりが輝き、より良い大学運営が成されるように、多くの方のご参加をお待ちしております。
 なお、直接会場にご来場できない方には、TV会議システムでの遠隔配信やインターネットによるe-learningにより受講できるように配慮します。
 e-learningは実施日のおよそ1週間後から視聴となります。パスワード等は後程お知らせします。
 ※遠隔配信やe-Learningができない回があります。後程、下記に掲載します。ご了承ください。

  • 日 程 : 2018年5月18日(金)〜10月19日(金)(全5回)
  • 時 間 : 14時〜16時
  • 会 場 : 岐阜大学全学共通教育棟
  • 受講料 : 無料
  • 対 象 : ネットワーク大学コンソーシアム岐阜加盟機関の教職員
  • 申込方法: 各回、加盟機関へ受講者募集の案内をいたします。

講義スケジュール及びテーマ


講義回 開講日 講義テーマ / 講義概要 担当講師所属大学等
第1回 5月18日
(金)
※e-learningは実施します
【自己の職務経験から教職協働について考える】
本講演では、講師が過去の大学事務職員としての職務経験を振り返りながら、現在の教員としての視点を踏まえて教職協働のあるべき姿や課題について参加者とともに考える機会とします。具体的には、金沢大学で実践した教職協働の事例を、教員と事務職員の視点から分析することを通して、双方がともに業務に取り組む際に重要な点について明らかにしながら、現在から未来の教職協働の展望についてお話しします。
上畠 洋佑
(愛媛大学愛媛大学教育・学生支援機構教育企画室特任助教)
第2回 6月15日
(金)
※e-learningは実施します
【IRの組織化に向けた事始め】
IR活動はどのようなイメージがあるでしょうか。統計を自在に使いこなすIR担当者でしょうか?それとも大学の全てのデータが一元管理されたデータベースでしょうか?しかし、IRを担う人材育成、新たにデータ分析ソフトやデータベースを整備するには多大なコストが必要であり、どこから手をつけていいのかとの悩みも聞きます。本研修は、IR活動を行っていく為に、IRのマネジメントや実践・失敗事例を通して、組織あるいは各教職員が、何を検討しどこから着手すれば良いかを考えていきます。
荒木 俊博
(淑徳大学大学改革室主任)
第3回 7月20日
(金)
※e-learningはありません
【大学職員のための危機管理】
今や避けては通れないものの一つとして「リスクマネジメント」があります。組織そのものや,自分自身が,リスクとならないようにするため「大学等における危機管理とは何か」について考えてみましょう。大学等の職員に求められる権利・義務を理解した上で,事件・事故等の対処方法,予防策の構築方法について学び,事件・事故等に対し,自ら「判断」を行い,「対処」することができ,さらに,予防策を「構築」することができるようになることを目指します。
吉田 一惠
(愛媛大学教育学生支援部愛媛大学SD統括コーディネーター/能力開発室長)
第4回 9月21日
(金)
※e-learningは実施します
【障害を持つ学生に対し職員ができる支援を考える】
平成28年度から障害者差別解消法が施行され、各大学等において、障害を持つ学生に対して合理的配慮を提供することが義務化・努力義務化されました。全国の学生のうち0.86%が何らかの障害を有しており、岐阜県内の大学等においても障害を持つ学生への支援に取り組んでいかなければなりません。そんな中で、就学支援・生活支援・就職支援など、日頃の業務において大学職員がどのような支援に取り組めるのか、ともに考えてみましょう。
舩越 高樹
(京都大学学生総合支援センター特定准教授)
第5回 10月19日
(金)
※e-learningの実施は未定
【学生が“伸びる”学生支援〜学生支援担当職員に求められる資質・心構えとは〜】
近年、知識基盤社会を生き抜く人材育成や学生の多様化に伴う問題への対応など、大学教育に寄せられる社会からの期待は大きく、各大学ともきめ細やかな学生支援の実現に向け、様々な活動に取り組んでいるところです。私たち大学職員、特に学生支援担当職員においても、時流により様々に変容する学生に対し、その成長に貢献できるような「学生が“伸びる”学生支援」活動が求められています。このような状況において、学生支援担当職員に求められる資質や心構えはどのようなものか、実際の学生支援事例も交えながらお話しします。
松田 優一
(関西大学法人本部管財局管財課)

お申込み方法

 下記の方法によりごお申込みいただくことができます。

◆インターネットによるお申込み
インターネット 申込フォーム』 からのお申込みとなります。
※受付時間:24時間
◆電話によるお申込み
電話 058-212-0393(ネットワーク大学コンソーシアム岐阜 事務室)へお電話ください。
※受付時間:9:00〜17:00
◆eメールによるお申込み
メール eメール  info*gifu-uc.jp(※eメール送信の際は*を@に変換してください)
※受付時間:24時間

※下記のテキストをメールに張り付けて必要な情報をご提供ください。は入力必須項目。

  • 講座名 人材育成プログラム
  • 申込回(受講する回を入力してください。例:第1回、第2回、第3回、第4回、第5回)
  • 受講方法(「岐阜大学(対面)」、「自校:テレビ会議(遠隔)」、「e-learning」のいずれか)を選択してださい。テレビ会議の場合、1週間前までに申込ください。事前に接続テストを実施します。
  • お名前
  • フリガナ
  • 電話番号
  • eメール(任意)
  • 学校名
  • 所属部課
  • 職名

※お申込み時にお預かりしました個人情報は、当該講座の聴講手続きのほか、休講などのご連絡及びネットワーク大学岐阜からの講義や講座情報のご案内に利用させていただきます。情報は厳重に管理し、法令上の理由など特段の事情がない限り、許可なく第三者への提供はいたしません。

▲ページの先頭へ戻る

お問い合わせ先

GUCロゴマークネットワーク大学コンソーシアム岐阜 事務室

〒501-1193
岐阜市柳戸1-1 岐阜大学学務部教務課内
電話:058-293-2135 / FAX:058-293-3382

〒500-8844
岐阜市吉野町6-31 岐阜スカイウイング37 東棟4階 岐阜大学サテライトキャンパス内
電話:058-212-0393 / FAX:058-212-0391

eメール:info*gifu-uc.jp ※(メール送信の際は*を@に変換してください)